ホームこんな時にはご相談を > 精神的(心理的)障害

精神的(心理的)障害

ストレス関連障害

 神経症性障害とは異なり、ストレスに対する反応というように、ストレスと障害が明確な関係をもっています。

適応障害

 就職や独立、失業、離婚、病気などによって、強いストレスがかかるときに、そのストレスに順応する時期に発生する苦悩状態です。いろいろな症状が起こりますが、その分野のほかの診断(たとえば気分障害など)を下すほどにはひどくはありません。憂うつ気分、不安、焦り、心配などの感情の障害が中心で、青年期では行為障害(繰り返し、持続する、反社会的、攻撃的、反抗的行動)が、小児では夜尿症や指しゃぶりなどが認められます。ストレスがかかり始めてから1ヶ月以内に発症し、症状の持続は6ヶ月以内です。

外傷後ストレス障害(PTSD)

 ほとんど誰にでも大きな苦悩を引き起こすような、事故や災害のような、驚異を与える、あるいは破局的な出来事(精神的外傷トラウマ)によって生じる障害です。こうむった精神的外傷に関連した状況や会話を避けたり、その状況の重要な部分を思い出せなかったり、精神的外傷に関することから距離をおこうとします。うつ状態になり、社会的活動から逃避しようとします。また、その精神的外傷をこうむった状況が突然、侵入的に思い出されたり、夢のなかで再体験させる悪夢をみたりします。そして、神経過敏となり落ちつかず、怒りを爆発させたりパニックをおこしたりします。驚きやすく(驚愕反応)、警戒心が強くなったり、不眠が生じたりします。そして、症状の特徴は、以上のような、過敏(過覚醒)と鈍麻の相反するものが交互に現れることです。ほとんどの場合は、精神的外傷をこうむってから6ヶ月以内に発症します。

ご相談を受けるには 会員一覧